はしがき整体院

2012年12月04日

四十肩の症状は

ある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩・五十肩の発症パターンです。

ほとんどが片側の肩のみに症状があらわれます。

肩を動かすときに、痛みが二の腕や手先に伝わるようになります。

しびれをともなうこともあり、眠れないほどの痛みが生じることもあります。

鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていくことがあります。

とくに肩を上げたり、後ろに回す動きが困難になります。

痛みのために、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに動かなくなって治るのが遅れます。  
タグ :症状


Posted by ヨシト at 17:19Comments(0)四十肩 症状