はしがき整体院

2012年12月08日

四十肩体操の仕方

とにかくやれば良いというものではありません。

激痛時や急性疼痛時、それから患部の炎症がある時はやらないように気をつけて下さい。

四十肩の特徴は、痛みと運動制限です。

アイロン体操(コドマン体操)
痛くない方の手をテーブル等に、手をついて痛まない程度の角度で少し前かがみになります。
アイロン(または水入りペットボトル)を手に持ち、時計の振り子のように前後左右に振ります。
肩の運動があまり苦痛なくできます。
コノリー体操
●壁やタンスなどを握り、そのまましゃがみ込むようにして腰を下ろし、肩を引き伸ばすようにストレッチします。
●腕を後ろで組み、痛くない方の手で、痛い方の手を上に引き上げ、肩をストレッチします。
●腕を頭の後ろで組み、肘を外へ開いて肩をストレッチしていきます。
棒体操
はるちゃんのタオル・棒体操.pdf
壁押し体操
●壁に指を付けその指で歩くように少しずつ腕を上に上げていきます。、肩が伸展されるようにストレッチします。
●手のひらを壁に当て上体を前に倒し次い起き上がります。ちょうど腕立て伏せの要領です。肩をストレッチします。
タオル体操


タグ :四十肩体操

同じカテゴリー(四十肩体操)の記事
 四十肩の解消体操 (2013-02-28 00:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。